忍者ブログ
まんが・ゲーム・アニメ・声優を中心に書いていきます。
[398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388]
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第9話「クラエスの一日」がすばらしかったです。いや、絵はいつもどおりいまいちだし、担当官のキャストがちょっとと言うのは変わらないのですが^^;

話は原作の単行本Vol.4の第18話Tiny joy,tearless grief。クラエスのエピソードです。原作にはないイングランド民謡「スカボロー・フェア」をモチーフに加え、エンディングも「スカボロー・フェア」多田葵さんヴァージョン。これがすばらしかったです。

クラエスの今は亡き担当官とのエピソードと「スカボロー・フェア」の詞の内容を知らないと、この気持ちは味わえないと思いますが知っている私はラストで涙ぐんでいました。記憶を消されてもどこかに残っている担当官との思い出、ハーブを育てるクラエス、そして「スカボロー・フェア」。

見終えた後、すぐにエンディングをリッピング。最近良くつくっているお気に入り音楽CD(気に入った音楽をWAVでリッピングしてCD-RWに音楽CDとして焼いたもの)に入れて、延々とリピートです。これはサントラにでも入るんでしょうか。はやくほしいです。サントラは4月に出るようですが内容未定…。

何気に音楽関係はARIAと双璧をなしてますねぇ。いあや、もう1回「クラエスの一日」を見直そう^^

   

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
らすたあ
性別:
非公開
自己紹介:
人生半ばを過ぎても、漫画・ゲーム・アニメからはなれられない生活を送っています。そこが仏心たる所以??
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]